Rule:Over30 / Under30

クリッカーを使用しない印象点による採点を行います。
Technic、Performance、Specialの3項目を細分化しそれぞれの項目を10点満点にて採点します。
下記項目をご覧いただき、選手の皆様は演技内容を熟考していただければと思います。
※本年度用の新しいルールになっておりますので、参加選手の方は特にご注意ください。

テクニック

項目名 項目内容 点数配分
Difficulty フリースタイル中の成功したトリックの総合的な難易度 10
Perfection フリースタイルの演技がミスや構成不備により止まっていないこと 10
Smooth トリックの洗練さ、ストリングの無駄なたるみがなく、
ヨーヨー、ストリングの動き・軌道にぎこちなさがないか
10
Speed Control トリックのスピードが曲、構成に合うコントロールが出来ているか 10

パフォーマンス

項目名 項目内容 点数配分
Cordinate フリースタイルの曲のセレクト、衣装などが演技内容と合っているか 10
Music Use 音楽を効果的に使用した演技ができているか 10
Stage Use 演技を意識してステージを有効的に利用出来ているか
(1箇所にとどまる、場所移動のみは対象外)
10
Entertainment 観客を盛り上げる意識を持てていたか
(観客の盛り上がり自体も含みます)
10

スペシャル

項目名 項目内容 点数配分
Punch Line フリースタイル演技内に観客に対して印象に残るシーンを入れることが出来たか
脳みそを揺さぶられる様な秀逸なトリック(一発系に限らず)を入れることが出来たか
(前後のミスやトリックの難易度は関係ありません)
10
Un-normal 普段できないフリースタイル内容を取り入れていたか 10

審査割合

テクニック:40点
パフォーマンス:40点
スペシャル:20点

最終順位の出し方

  • テクニック、パフォーマンスの各項目を0.5点刻み、10点満点で審査し、全審査員の点数を合計し審査員の数で割ったもので平均を出し、最終得点とする
  • 最終得点が同点の場合、Punch Lineが高い選手を上位とする

予選通過に関して

  • 予選通過ボーダーライン上に最終得点の同点者が3名までの場合は全て決勝進出とする、4名以上の場合はPunch Lineが高い上位3名を決勝進出とする

注意事項

  • 使用する音楽に制限はありません。
  • 炎、刃物など、危険な物品の使用は禁止、失格となります。
  • ヨーヨー以外の小道具は上記、危険な物品を除き利用可能です。